秋の寺宝展「近代日本画展」

日程 : 令和4年10月7日-11月30日
  • 當麻寺中之坊の霊宝殿では、同寺ゆかりの日本画家による貴重な作品が一堂に展示公開されます。

    當麻寺は国宝・重文の仏像や建造物をはじめ、大和三名園に数えられる庭園「香藕園」や、牡丹をはじめとする四季折々の花や風景など、絵の題材になるものにあふれ、多くの画家たちがスケッチに運びました。そうした画家たちとの交流の集大成が写仏道場の天井画が結実していますが、天井画以外にも掛軸や短冊などの作品が数多く残されています。

  • 今秋の寺宝展では、近代特に昭和初期に交流のあった画家たちの作品や、住職との交流がみえる書簡やはがきなども特別公開します。

    ・下村観山『富士』
    ・下村観山『蜆子』
    ・安田靫彦『大黒天』
    ・上村松園『宝船』
    ・西山翠嶂『白羊』
    ・小松 均『黒牡丹』
    ・矢野橋村『牧童』
    ほか、前田青邨や中村岳陵などの葉書・書簡など。

  • 新天井画・村上裕二『富士の雷音』11月10日まで 今秋新たに写仏道場の絵天井に加わる村上裕二の新作天井画を、霊宝殿にて先行公開いたします。村上裕二氏は、日本美術院(院展)の同人であり、ゴジラやウルトラマンを題材にした作品も人気が高い、いま最も勢いのある作家です。『富士の雷音』は、霊峰富士に雷の音が響く様子を壮麗に描き上げた作品です。
    11月15日より写仏道場の天井にて公開されますが、それに先立ち、霊宝殿にて11月10日まで、天井に上がる前に間近に鑑賞することが可能です。

  • 期間令和4年10月7日-11月30日
    受付中之坊
    拝観料大人500円/小学生250円(11/15-11/30は大人600円/小学生300円)
    拝観時間9時-17時
    問い合わせ 中之坊